•   
  •   
  • 水分補給がシミ改善にもつながるって、知っていましたか?

 

からだの水分不足がシミに・・・

女性なら誰でも、お肌の乾燥を気にしていますよね?

最近は、ティーン向けのスキンケア商品も増えていて、女子高生でも当たり前のように、お肌のお手入れに気を遣っているようです。

親戚の子なんかも、ニキビで悩んでいるということもあって、わたしより化粧水とか美容液にこだわっているから、ホント、びっくりです(苦笑)。

 

スキンケアで一番大切なのは、肌の水分保持ですから、みんな水分補給や保湿を丁寧に行なっているとことと思います。

でも、からだの内側から水分補給をすることは忘れていませんか?

からだの水分が不足していると、どんなに高価な商品を使っても、お肌も水分不足になって、さまざまな肌トラブルが発生します。

 

その代表的な症状が、にっくき「シミ」です。

「年をとってきたのだから仕方ない」

なんて思わず、今からでもできるシミ対策を行なって、キレイな美肌を取り戻しませんか?

どうしてシミはできるの?

20代の頃は、日焼けをしたり夜更かししたりしても、シミなんか全然できなかったのに、30代になったある日、鏡を見たら黒いシミがぽつぽつできていて、愕然とした経験はありませんか?

シミができる原因はさまざまですが、一番は紫外線の影響です。

有害物質である紫外線を浴びた肌は、からだを守るためにメラニン色素を作り出します。

日焼けをすると黒くなりますよね?

あれが、メラニン色素です。

お肌の基底層という部分で作られたメラニン色素は、日が経つにつれて皮膚の表面へと押し上げられてゆき、やがて表皮の角質層に到着します。

角質層は、20代の人であれば28日、30~40代で45日ぐらいの周期で、新しい細胞生まれ変わるというサイクルを繰り返していますから、通常であれば垢と一緒になってはがれ落ちてゆきます。

でも、このサイクルに乱れが生じると、お肌の表面にいつまでもメラニン色素が残ってしまい、消えないシミにとなって残ってしまうなんてことも!

肌細胞の生まれ変わりは、「ターンオーバー」と呼ばれていますが、ちょっとしたことがきっかけで乱れてしまうのが特徴です。

たとえば、睡眠不足。

「お肌のゴールデンタイム」という言葉を、みなさんも聞いたことがあると思いますが、人間の細胞というのは、寝てから3時間の間に再生されます。

なので、睡眠不足が続いていたり、昼と夜が逆転するような生活をしていたりしたら、肌に古い細胞ばかりたまってしまいます。

また、偏った食生活もターンオーバーの乱れにつながります。

 

魚より肉を多く食べる人は、血液の流れを悪くする脂が血管にたまり、肌に栄養が届きにくくなりますし、野菜が不足すると、ビタミン類が不足するため、新陳代謝が低下します。

ほかにも、タバコを吸う、ストレスを溜めすぎる、便秘が続いているということもシミの原因に挙げられます。

どれも、わたしたちに当てはまりやすいですよね?

そしてもうひとつ、忘れてはならないのが、からだの水分不足です。

水分が足りなくなっても血行不良は発生しますし、肌の水分量が少ないと、角質は固くなってはがれにくい状態になりますから、シミ以外の肌トラブルも引き起こしやすくなります。

お肌を健康な状態に保つためにも、毎日、こまめに水分補給することが大切なんですね。

肌は想像以上にデリケートです

シミの元であるメラニン色素は、ちょっとした刺激でも作られてしまいます。

例えば、洗顔のときに手で顔をゴシゴシこする、化粧水を塗るときにコットンでたたく、といった何気ないスキンケアでも、お肌は危険が迫ったと感じるのです。

さらに、肌の刺激はニキビにもつながってしまいます。

ニキビは悪化すると炎症が起こり、治っても色素が沈着してシミになることがあります。

みなさんも、普段のスキンケア、肌にこうした刺激を与えていないか、チェックしてみて下さい!

もし、ハッと気が付いたポイントがあったら、今日から正しいスキンケアに切り替えましょう。

 

(洗顔のポイント)

・洗顔料をよく泡立てて、手ではなく泡で汚れや皮脂をこすり落とす

・すすぎのときも、なるべくやさしくお肌の泡を流す

・水分を拭き取るときは、タオルでこするのではなく、肌に乗せるような感じで水分を吸収する

 

(化粧水ケアのポイント)

・洗顔しているときから水分の蒸発は始まっているので、すぐに化粧水で水分補給を行なう

・コットンは使わず、両手に化粧水を広げて、肌全体になじませてゆく

・美容液でしっかり保湿して、肌の乾燥に気を配る

 

むくみ防止を意識した水の飲み方

肌の水分不足を解消してシミを防ぐためとはいえ、やみくもに水を飲んでいたら、新たな肌トラブルが起きてしまいます。

わたしたちの体って、常に水分と塩分がバランスよく保たれていますから、一度に大量の水分を飲むと排出がうまくゆかず、体内にたまってしまうのです。

これがいわゆる、“むくみ”です。

顏や指、足などにむくみは発生しやすいですが、からだの代謝や血のめぐりが悪いと、この余分な水がいつまでも残ってしまい、慢性的なむくみにつながってしまいます。

さらに厄介なのは、むくみが進むと、シミ、シワと合せて、見た目年齢を上げてしまう「たるみ」につながることです。

顔に老廃物がたまると、その重みで肌が垂れ下がってゆきますから、思いっきり老けた顔になります。

肌の弾力を保つコラーゲンの減少で起こるたるみと違って、スキンケアで解消する症状ではありませんから、早く手を打たないと、そのたるみはどんどん酷くなってゆくのです。

 

これを防ぐためにも、まずは、水を飲む量と回数をコントロールしましょう。

1回に飲む水の量は、コップ1杯(150~200ミリリットル)です。

これを1日8~10回に分けます。

汗を大量にかいたり、お腹をこわしたりしたときは、いつもより多くからだの水分が体外に排出されていますから、+2~3回を目安に!

また、からだが冷えていると、むくみがなかなか解消しませんので、なるべく常温、できれば湯冷ましを飲んでください。

特に湯冷ましは、からだを芯から温めて、代謝をアップさせる効果がありますから、起床後や就寝前に飲むと効果的です。

運動不足の解消も、重要なポイントです。

代謝はじっとしていては、なかなかアップしませんから、軽い有酸素運動を生活に取り入れて、老廃物が排出されやすい体質を目指しましょう!

利尿効果のある飲み物には注意を!

コーヒーや紅茶などは、香りを楽しむことでリラックスできますから、毎日飲んでいる人が多いですよね。

でも、シミなどの老化を少しでもスピードダウンさせたいと思ったら、なるべく飲む量を減らしましょう。

これらの飲み物に含まれるカフェインには、利尿作用が含まれていますので、からだの水分が積極的に排出されてしまいます。

さきほどお話しした、むくみ改善には効果的なのですが、お肌の水分量キープのためには、逆効果になってしまいます。

また、カフェインは深い睡眠の妨げとなってしまいますから、ターンオーバーを乱すことにつながってしまいますし、ほかの飲み物より胃腸に負担がかかって、便秘を引き起こすことにもなります。

特に、大人ニキビに悩まされている人は、注意が必要です。

とはいっても、あれもこれもガマンの生活はストレスが溜まり、それがシミの原因にもなってしまいます。

大切なのは、カフェインの摂取量に注意して、いつも肌状態をチェックすることですね。

肌がゴワゴワする、透明感がなくなってきた、などと感じたら、ターンオーバーが乱れている可能性があるので、スキンケアの徹底や生活改善を心がけましょう!

RELATED POSTS