•   
  •   
  • 「朝の一杯の水」が健康に良い理由と 冷水・お湯・常温水、どれが体にいいの?

朝、起きたら一杯の水を飲む…これは、もう健康習慣の定説になっています。

理由はいろいろありますが、最も大きな理由は、起きて最初に口に入れる物は体に吸収されやすいという点で、水が最適である、ということが言えると思います。

もう少し詳しいお話を英語の「Break fast」(朝食)という単語で説明してみます。

朝一番に水を飲むことは健康の理にかなっている

「Break fast」とは、直訳すると「断食を破ること」。

つまり、寝ている間は長時間、食べ物を食べないので、断食をしている時間ととらえられていたのです。

今、ファスティング(断食)が流行していますので、試してみた方はご存知と思いますが、ファスティングの後、すぐに食べていいものは何ですか?

ほとんど場合、よく煮込んだおかゆとか、野菜のジュースとか、そういう消化のいいものですよね?

それは、断食の間は胃腸が休んでいたので、いきなり味の濃いものや消化の悪いものを食べると、胃腸に負担をかけてしまうこと。

そして、断食後は吸収が良くなってしまうので、せっかくデトックスしてダイエットしても、脂っこいものや甘いものをいきなり食べてしまうと、必要以上に吸収してしまって、カロリーを貯め込んでしまうこと。

この二つの理由から、ファスティング後は、できるだけローカロリーで刺激の少ない食べ物から体を慣らしていくことが必要なのです。

実は同じことが、毎日の朝食の時にも言えるのです。

朝起きた時(寝ている間=断食の後)には、最も低刺激(味が薄く、消化が良く)で、かつ栄養があって体が活性化するもの…を口に入れるということが、健康のためには理にかなっているのです。

そして、その最たるものが「水」なのです。

では次に、起き抜けの一杯の水の効果について詳しく解説していきます。

こんなにあった!「朝の一杯の水」健康法

morning-water-3

では、ここで「朝一杯の水」がいかに健康や美容に効果的なのかをまとめてみますね。

失われた水分を補給

就寝中は汗をかかないように見えても、数百~1リットルもの水分を放出しています。

そこで、朝、水を飲むことで、血液が濃くなり、ドロドロになるのを防ぎ、サラサラの血液にすることで、動脈硬化・脳血栓・脳梗塞・高血圧を予防します。

口の中の細菌の繁殖を防ぐ

寝ている間は、唾液の分泌が少なくなるため、口の中に細菌が繁殖しています。

まず、うがいをした後、水を飲むことで細菌の繁殖を防ぎます。

朝は老廃物を代謝する時間

「午前中はデトックスのゴールデンタイム」という説があります。これは、寝ている間に腸が働いて便を作り、朝には排泄するというサイクルがあるためです。

水を飲むことで腸を動かし、スムーズな排便を促します。

水を飲むと脳が活性化される

夜寝ているときは副交感神経が働いて体を休めていますが、起きて活動するときは交感神経にチェンジしなければなりません。

そこで、水を飲んで体を刺激することで、交感神経を活発にし、頭をスッキリさせます。

朝の体の吸収力を利用して水分を浸透させる

朝一番は体が最も吸収しやすい状態なので、水を飲んで水分とともにミネラルを補給します。

朝食を食べる前に胃腸に準備を促す

いきなり味の濃いものや甘いもの、酸の強いものを食べると胃腸に負担をかけるので、水で胃腸を潤してから食べ物を入れることで、消化の準備をすることができます。

ダイエット

「食べ順ダイエット」などでも言われている通り、最初に食べる物は一番吸収しやすく、特に糖質は血糖値を急に上げるので最初に食べると太りやすいと言われています。

そこでまず水を飲み、お腹に水を入れることで血糖値の急上昇を防ぎ、その上で食べ順ダイエットをすれば、さらにダイエット効果が上がります。

まだまだ細かく挙げればたくさんあるのですが、主だったものだけでもこれだけの効果があります。

 

朝一番に緑茶を避けたい理由とは?

ところで、朝一番の飲み物は「水ではなくお茶ではダメなの?」という疑問がわく方もいらっしゃると思います。

しかし、実はお茶は水とは別物なんです。

特にカフェインが入ったものは体には刺激物ですし、お茶の有効成分は吸収できても、水の有効成分は失われることがあります。

もちろん、健康茶やデトックスティーなど、朝に効果的なお茶はあると思います。

でも、できれば先に一杯の水を飲み、その後にお茶を飲んだ方が、「Break fast」の意味からも効果的かと思います。

また、朝食を食べない方が調子がいいという人がいます。

朝にデトックスをするという意味では有効ですが、その際もお水だけは飲んでください。

morning-water-2

上記したように、朝は体内の血液や体液が濃くなっています。

そのままでは体が滞って毒素が溜まり、循環が悪くなるだけでなく、病気の引き金になってしまうこともあるからです。

このように、朝の体調を整える意味では、水の役割はとても大きいと言えるでしょう。

では、次に飲む水の温度について考えてみましょう。

冷水・お湯・常温水、どれが体にいいの?

では、水の温度や飲み方によって、どんな違いがあるでしょうか?

冷水、お湯(白湯)、常温水で比べてみましょう。

【冷水】

morning-water-4

冷たい水は、水のおいしさをしみじみ感じることができますね。逆に言うと、さほどおいしい水でなくても、冷たければ案外おいしく飲めたりします。喫茶店でサービスされるお水にホッと一息する人も多いでしょう。

そして、水を保存する場合は冷たい方が長く持つ、というメリットもあります。

「朝一杯の水・健康法」の中には、腸の活性化で排便を促す、という人も多く見受けられますが、この場合は冷水を飲むことで、腸に刺激を与えるのが良いようです。

ただ、デメリットとしては、体(特に内臓)は、基本的に温めることで働きが良くなるので、冷やして飲むのは逆にお腹を壊したり、代謝を遅らせたりする場合もあります。

また、夏でもあまり冷たい水ばかり飲むと、消化不良や食欲不振、代謝不良によるむくみや疲れなどが出やすいので、気をつけた方がいいでしょう。

特に、血圧の高い人がお風呂上りに冷たい水を飲むのは大変危険です。

ということで、冷たい水は「嗜好品」として飲むつもりで、飲み過ぎには注意、ということが言えると思います。

冷やして保存している場合は、ときおり常温に戻して飲むというのもおススメです。

【お湯(白湯)】

morning-water-5

前述したとおり、体(内臓)は温めることで活性化されるので、お湯を飲むのはとても良いことです。

冬はもちろん、夏の冷房による冷えは、近年かなり問題になってきています。

体は熱いと感じていても、内臓が冷えていることに気づかない場合があるので、夏でも一日冷房に当たった日は、お湯を飲む習慣をつけるとよいかもしれません。

インドの健康・美容哲学ともいえる「アーユルベーダ」では、10~15分間煮沸した「白湯」を飲むことで体が芯から温まり、消化を促すことで栄養を体中に送り込み、便通を良くしてキレイになれる、と教えています。

やってみるとわかりますが、15分の煮沸(中火で)は結構長い!

そして、水中のミネラルが濃くなって、なんとなくトロッとした水になります。

でも、効果は抜群で、飲んでいでるそばからジワジワと汗ばむ感じです!

この時に気をつけたいのは、浄水器の水や市販の天然水などのキレイなお水を使うこと。

塩素の多い水道水のお水をそのまま沸かすのはおススメできません。

水を沸かして、お湯にして飲むデメリットは、沸かすことで水中の多くのミネラル分が飛んでしまうことです。

日本のペットボトルのお水は、ほとんどが長期保存するために煮沸消毒していますので、いわゆる「生きた水」ではないことが多いようです。

水は生の状態が一番、栄養があります。

ということで言えば、沸かすのは体を温める目的や、お茶を飲むときと決めて飲むのが良いかもしれません。

できれば夜寝る前は冷たい水より温かいお湯を飲む方が胃腸を助けるのでおススメです。

【常温水】

morning-water-6

常温水は、体に負担をかけないので、ゴクゴク飲めるのがいいですね。

それと、常温ならいつ飲んでもよく、また、いつ飲んではいけない、ということもありません。

逆に、常温水のデメリットは、温度の刺激がないのでことさらおいしいとも思えないことでしょうか。

お水をおいしく飲みたいと思うなら、やはり冷たい方がいいですし、お茶を飲むときは沸かして飲んだ方がおいしいですからね。

しかし、常温で飲むことには、水の栄養をそのまますべて吸収できる、という大きな意味があります。

一日に必要な水分を、きちんと栄養価のある状態で飲むことが大事なのです。

そういう意味では、ぜひ、常温のお水を飲む習慣を心掛けたいものです。

水は、一日に1.5~2リットル飲むと良い、といわれています。

この量は、意識していないとなかなか摂れる量ではありません。

そこで、冷たくして飲むときと、お湯やお茶として飲むとき、それ以外は常温で飲む、というように、飲み方を分けて摂取してはいかがでしょうか?

 

まとめ

健康や美容の観点から考えると、水は「飲みたいから飲む」というものではありません。

お肌の乾燥予防という観点では、喉が渇いたときでは遅い、という説があるくらいです。

水は一気に飲むのではなく、こまめに摂ることで少しずつ循環させることが大切です。

常に水を循環させて、「めぐりのよい体」を作り、健康で美しい生活を送りましょう!

RELATED POSTS