•   
  •   
  • ウォーターサーバーの水を持参して岩盤浴へ!効果的な入浴方法も教えちゃいます!

 

今回のポイント

  • 岩盤浴で出る汗は、カラダの内側が温められて出る「良い汗」である
  • 汗によって出るカラダの毒は、ほんの一部で、毒のほとんどは便と汗から出る
  • 岩盤浴に通えば代謝や血行がよくなり、万病の元である冷えの改善効果も期待できる
  • 大量に汗をかくので、ミネラルたっぷりのウォーターサーバーの水を持参する
  • 汗には質の高い皮脂が含まれていて、保湿液や美容液の代わりになる

普段とは違う汗が出てくる岩盤浴

ウォーターサーバーを自宅に設置して、毎日、こまめにお水を飲む習慣が身に付いてからというもの、健康や美容に対して、今まで以上に意識が高まっています。

 

そんなわたしがハマっているのは、こちら!

2016082101 2016082106

自宅近くにある、天然温泉です。

 

ママ友たちと月に3~4回、日頃の疲れを癒しに足を運んでいまして、昼からビールを飲んじゃったりしているワケです。

2016082102

 

温泉も昼飲みも、心とカラダを癒すのに最高なのですが、改めてそのパワーを実感しているのが岩盤浴なんです。

2016082103

2016082107

「岩盤浴=デトックス」

というイメージが強いですが、ほかにもたくさんの健康効果があります。

また、意外と正しい入浴方法を知らずに、もったいない(?) 入り方をしている人が多いので、ここで岩盤浴の知識を身につけちゃいましょう!

この記事を読み終わったら、きっと今すぐ岩盤浴に行きたくなると思いますよ!

岩盤浴というのは、温められた天然鉱石の上に横になって発汗を促す設備で、お湯に浸かることはありません。

石からはカラダを芯から温めてくれる遠赤外線が出ていて、玉のような汗がポタポタと出てきます。

2016082104

これが、普段、わたしたちの肌から出る汗とは全然違うというから、驚きなんです!

 

汗腺がゆっくり開くからデトックスできる

暑い日にかくような汗は、ベトベトしていて不快ですよね?

これは、カラダは生命維持のために体温を下げることを優先して、水分と一緒にミネラルも排出されるためです。

 

一方、岩盤浴によって出る汗というのは、カラダの内部が温められて、ミネラルがリンパや血液に戻りながら体温調整が行われるので、水分の割合が非常に高くなっています。

さらに、この汗は汗腺ではなく皮脂腺から出るので、カラダの老廃物をデトックスしやすくなるのです。

一口に汗といっても、性質も出てくる器官も違うなんて、みなさんはご存知でしたか?

ところで、日常的に使われるようになった「デトックス」という言葉ですが、この点に関しても少し補足しておきましょう。

デトックスとは、カラダにたまった毒素を排出することですが、汗からは全体の3パーセントしかできず、残りは便(75パーセント)と尿(20パーセント)、そして、毛髪と爪(2パーセント)となっています。

ですから、汗だけでなく、便や尿からもしっかり毒素を出すようにカラダにはたらきかけることが重要です。

こうしたデトックスに役立つのが、岩盤浴というワケなんです。

岩盤から出る遠赤外線は、血液循環の改善、便秘の解消、免疫力アップ、新陳代謝の向上などをサポートしますから、定期的に岩盤浴に行くことによって、

カラダの毒はどんどん排出され、健康が増進されてゆきます。

汗によるデトックスは、岩盤浴効果のほんの一部だと覚えておいてくださいね!

 

カラダにたまる毒とは?

わたしたちの日常生活は、毒に囲まれていると言っても過言ではありません。

最も身近なのは、野菜や果物に使われている農薬や化学肥料ですね。

最近は、オーガニックな食材が増えてきたとはいえ、カラダにまったく取り込まないことは難しいでしょう。

 

大気汚染も深刻ですね。

airpolution

わたしのように都心に住んでいたら、空気中の排気ガスや光化学スモッグの濃度が高いですし、PM2.5の問題も深刻になりつつあります。

ほかにも、このサイトでも解説している、水道水に含まれている塩素、食品添加物、洗剤などに含まれている化学物質など。

数えだしたら、キリがありませんね・・・。

 

こうした毒がたまっても、すぐには病気になって表れないのが厄介なんですね。

でも、疲れやすくなった、風邪を引きやすくなった、気持ちが落ち込む日が続くといった症状は、デトックスが必要になっているというカラダのサインと考えたほうがいいでしょう。

 

むくみも解消できる岩盤浴

カラダにたまる毒といえば、水もこれに当てはまります。

わたしたちが毎日飲んでいる水は、体内のあらゆる細胞に届けられて、不要な分は体外へ排出されます。

でも、代謝が悪くなっていたり、水分の摂取量が多かったりすると体内に余分な水がたまり、「むくみ」となってわたしたちを悩ませます。

デスクワークの仕事をしている方でしたら、夕方ぐらいに足がパンパンになりませんか?

これは、カラダの水分が過剰になっているうえに、同じ姿勢をしている時間が長くなることで、血液のめぐりが悪くなり、むくんだ状態を生み出しているからです。

 

また、女性の敵である「冷え」も、むくみの原因となります。

男性より体温が低い上に、冷房の効いた部屋にいることが多い、筋肉の量が少ない、ダイエットの影響を受けやすいといったことが重なって、血液の循環はさらに悪くなり、慢性的なむくみにつながることも。

 

こうした体質を改善できるのも、岩盤浴のいいところなんです。

さきほどもお話ししたように、岩盤浴はカラダを内側から温めてくれますから、冷え性の人でもすぐにポカポカになります。

そして、腎臓のはたらきが活発になって、体内の不要な水分が尿として排出されやすくなり、次第に普段の平均体温が上昇。

 

冷え性によって引き起こされる肩こりや手足のしびれなんかも、岩盤浴に通うようになれば、かなり改善されるハズですよ。

わたしは体温が35度の前半だったのですが、2カ月ぐらいで36度まで上昇しましたから、その効果にすごい驚きました。

 

体内にとどまる毒はもちろんのこと、冷えも万病の元!

ちなみに、ガンになる人の平均体温は35度台と言われており、

体温が高くなればなるほど免疫力が上がり、ガンになりにくいんだそうですよ。

 

ダイエット効果はあるのか?

「岩盤浴に行くと痩せられるの?」

別のママ友から、よく聞かれる質問ですが、答えは「Yes」です。

岩盤浴に1回入ると、時間にもよりますが、だいたい170キロカロリーぐらい消費します。

これだけだと、大したダイエット効果につながりませんが、注目は基礎代謝がアップするというポイントです。

基礎代謝が上がれば、消費されるカロリー量も高まるので、痩せやすいカラダに変身できます。

この状態で毎日軽い運動をする習慣を身に付ければ、健康的に痩せられます。

 

わたしも育児がひと段落したら、本格的に痩せるつもりなので、その時は岩盤浴ダイエットでカラダの内側からピカピカになって、

その様子をこのサイトでも披露しちゃおうかな、なんて考えています!

 

岩盤浴の効果が倍増!絶対に覚えておきたい3つのポイント

最後に、これから岩盤浴に行く方に覚えておいてもらいたい2つのポイントをお伝えします。

 

1つ目は、水分補給を忘れないということ。

ウォーターサーバーが自宅にある方は、ペットボトルに水を入れて持ってゆきましょう!

2016082105

岩盤浴をすると、大量の汗が一気に出てきますから、浴室に入る前、休憩の時、出た後、以上3つのタイミングで水分補給してください。

目安の量は、500ミリリットルです。

 

2つ目は、「岩盤浴で出た汗は、タオルでふき取らずに肌に擦りこむ」ことです。

きれいな汗の中には、美肌のもととなる「きれいな皮脂」も含まれています。

自分のお肌にとって最適な保湿&美容液の代わりにもなりますから、シャワーで流してしまうのはもったいないです!

汗をかいたのに流さないのは汚い、なんて考える人もいると思いますが、ダマされたと思って試してみて下さい。

お肌はまったくベタベタしませんし、スキンケアアイテムを使った時とは、ひと味もふた味も違った感触になりますよ。

 

3つ目のポイントは、10分程度を目安に姿勢を変えることです。

  • ・最初は仰向け、目を閉じてリラックス。
  • ・その後、うつぶせになって10分間入浴。
  • ・ここで、休憩を入れましょう。

この繰り返しで3セット、合計1時間ぐらいの入浴がベストです。

ただし、慣れないうちは、入浴の時間が長くなると頭が痛くなることがありますので、10分1セットぐらいにとどめておくのがいいでしょう。

 

まとめ

また、体調が悪い時はカラダに負担をかけてしまい、状態が悪化してしまうこともありますから、元気になってから岩盤浴で汗を流してくださいね。

 

RELATED POSTS