美容効果がとても高いミネラル

前回はみなさんおなじみのミネラルの役割や、不足するとからだがどうなるかなどについて解説しました。

わたしたちが毎日摂らなくてはならない栄養素はとても多く、からだに必要なミネラルは16種類もあります。

このミネラルを全部食事でとるのは、忙しいわたしたちにとって不可能に近いです。

でも、ミネラル不足は万病のもと!

今回は、ウォーターサーバーに含まれているミネラルだけでなく、数年前から流行っている硬水に含まれているミネラルもご紹介します。

 

美容効果がとても高いミネラル:サルフェート

数年前からフランスのミネラルウォーター「コントレックス」に人気が集まっています。

便秘改善に効果的と言われているこのお水の硬度は、なんと1,551mg/Lもあります。

日本の南アルプス天然水や、六甲のおいしい水は30mg/L程度ですから、その差はなんと50倍もあります。

日本のミネラルウォーターには含まれていないミネラルもあり、中でも注目なのは「サルフェート」です。

このミネラルは、体内に溜まった毒素を排出するデトックスのはたらきがとても強く、細胞の新陳代謝も高まるということで、女性の間で大流行しました。

また、飲酒によって発生したアセトアルデヒドも排出してくれますので、二日酔いの防止にも効果的な水です。

ただし、日本人は昔から軟水を飲んできましたので、ヨーロッパの硬水には合わない人も多く、下痢などの症状を引き起こすことがありますので、注意が必要です。

サルフェートは、体内ではナトリウムと結びついて、糖尿病を防いだり痛みを和らげたりするようなはたらきも持っています。

もともと、温泉に含まれている成分なので、登別温泉、別府温泉、四万温泉などに行くとサルフェートを含んだ「硫酸塩泉」が楽しめます。

 

からだが作ることができないミネラル:バナジウム

栄養素の中には、人間が自分のからだでは作ることができず、食べ物や飲み物などから摂取する必要があるものがたくさんあります。

今回、ご紹介する「バナジウム」というミネラルもその1つです。

今から200年近く前、ヨーロッパで鉱物から発見されたミネラルです。

日本では富士山の麓から摂れる水に豊富に含まれていて、さまざまな健康効果があることが分かり、ここ数年、注目度が高まっています。

まず、パナジウムはインスリンと同じようなはたらきをするということです。

食事をすると体内の血糖値は上がり、インスリンが分泌されて全身の臓器に血糖がエネルギーとして蓄えられます。

また、たんぱく質や脂肪の合成を促し、脂肪の分解を抑えます。

インスリンがきちんと分泌されないと、血糖値が高い状態が続き、さまざまな合併症を引き起こす糖尿病を発症するのです。

バナジウムは、海草や貝類、きのこや牛乳などに多く含まれていますが、わたしたちのからだに必要な量は、毎日の食事では摂れていないのが実状です。

 

そこで、バナジウム入りのミネラルウォーターが注目されているというワケなんです。

医学の世界でもこの事実は認められていて、糖尿病の発症を防止したり、インスリン分泌のさまたげとなる「遊離脂肪酸」という物質の分泌を抑えたりするために、このミネラルが積極的に活用されているんだそうですよ。

また、脂肪の代謝も活発になり、コレステロールの低下にもつながるので、動脈硬化や高血圧症といった病気の予防にもつながります。

 

健康だけでなく、美容面でもバナジウムは威力を発揮します。

バナジウムは、脂肪よりも血中の糖質を優先してエネルギーとして使うので、脂肪蓄積が抑えられて、継続的な運動を行なえば効果的なダイエットにつながります。

また、デトックス効果もありますから、からだにたまった老廃物が排出されるうえに、血液のめぐりがよくなって、美肌効果まで期待できちゃうんです!

健康や美容を優先する方は、バナジウムが豊富に含まれたウォーターサーバーを選んでみてはいかがでしょうか?

今回、わたしがお試ししたサーバーの中では、フレシャス、コスモウォーターの「静岡富士の響き」、うるのんの「富士の天然水」が該当しますよ!

 

ゲルマニウム:アンチエイジングに効果あり

ゲルマニウムと聞くと、「ブレスレット」を思い浮かべる方も多いでしょう。

このミネラルは、無機ゲルマニウムと有機ゲルマニウムに分かれます。

ブレスレットなどに加工して、肌に身に付けることで電流を発生させるのが無機ゲルマニウムで、健康効果が高いとされています。

これに対して、食物に含まれている有機ゲルマニウムは、体内の活性酸素を取り除く「抗酸化物質」としてはたらきます。

活性酸素は年齢を重ねるにつれて増えてゆき、細胞の老化スピードを高めます。

ですから、お水でアンチエイジングをしたいという方にとっては、ゲルマニウムが含まれたミネラルウォーターはもってこいだと思います。

有機ゲルマニウムがたっぷり含まれている、コスモウォーターの「大分日田の誉」をわたしも飲んでいますが、クセのないおいしい水で気に入っています。

おそらく、これからアンチエイジング効果も出てくるんだろうなと、信じています(笑)。

有機ゲルマニウムは、高麗ニンジンなどの植物、にんにくやアロエなどに含まれていて、抗酸化作用以外にも、免疫力の強化、骨粗鬆症の防止、脳梗塞、脳血栓などの予防効果も期待できるんだそうです。

 

亜鉛:味覚が変わってきたら亜鉛不足かも?

「鉛」という漢字が使われているので、からだに有毒な成分と勘違いされている方も多いようですが、そんなことはありません!

亜鉛が体内で不足すると、さまざまな症状が引き起こされます。

一番多いのは、味覚障害です。

食べ物の味は、下にある「味蕾」という部分が反応して脳に信号を送るのですが、亜鉛が不足した状態だと、この信号の伝達がうまくゆかなくなります。

食事を作ったとき、

「最近、料理の味付けが濃くなったね?」

と言われるようになった方は、要注意かもしれません。

亜鉛は日常の食事にも含まれていますが、その量はとても少ないです。

それに加えて、食品添加物の中には、亜鉛の体内への吸収をさまたげるものまであります。

ですから、インスタント食品や冷凍食品を食べる機会をなるべく減らし、しじみや牛肉など、亜鉛が多く含まれている食べ物をメニューに加えることを心がけましょう!

亜鉛は健康的な精子を作るためにも不可欠な成分で、アメリカでは「セックスミネラル」とも呼ばれているんですよ。

亜鉛は精子の中にも含まれていて、亜鉛不足=精子不足となりますから、子作りに大いに影響してくるんです!

また、精子の減少だけでなく、男性の性欲衰退、抜け毛促進という症状にもつながりますから、夫婦関係を良好に保ったり、これから子作りをしたり、さらには、いつまでもフサフサの髪を保つためにも、亜鉛を積極的に摂ることを心がけましょう!

精子だけでなく、女性の卵子にも亜鉛は豊富に含まれていて、生理不順を防いで、妊娠しやすいからだを作るためにやくだっています。

ほかにも、アルコールを分解する酵素のはたらきをサポートする、たんぱく質の合成を促し、爪などを形成する、といったはたらきもあります。

最近、お酒に弱くなったという方や、爪の色が変わってきたり、形が変わってきたりした方も、亜鉛不足を疑ったほうがいいですよ!

 

まとめ

今回お試ししたウォーターサーバーの中では、ゲルマニウムのところでも紹介した、コスモウォーターの「日田の誉」に亜鉛が含まれています。

ミネラルのはたらきを知っておくと、水を選ぶ楽しさが倍増しますね。

RELATED POSTS